ファイル 24-1.jpgファイル 24-2.jpg

今回はFC3Sのリヤサブフレームの修理。

デフ近辺からの異音の修理。

ボディーから出てるリヤのサブフレームを止めるボルトが

ガタガタに動いてますな。。。

このパターンは、ボディー側にクラックがあるのがお約束。

案の定、ボルトの周りにクラックがあり、

ボルトを固定しているステーのスポットの剥がれ。

昔だったらクロスメンバー剥がして新品に交換だったけど、

さすがにもう部品出ないからねぇ~。

作業は何回かやってるので別に問題無し。

フロアの一部を切開しといてサブフレームを降ろし、

ボルトの周りのクラックから修理しサブフレームを元に戻す。

フロア側から剥がれているスポットを再溶接して、ついでに補強。

で、切開したパネルを溶接とパネルボンドで戻して、

チッピングして塗装して終了~

ちょっと塗装が一部だけ綺麗になってしまうのが残念。。。

FC乗りのみなさん、特にドリフト系は負担掛かるからね~。

デフ近辺より異音がしたら注意です。

※写真1枚目は切開したトコ。
2枚目は、無事修理してパネルを戻した写真。

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpg

悩んでた『週間零戦をつくる』は、結果…

止めたw

あまりにも期間が長いので、途中で飽きそうだし。

で、代わりに現在TVでCM中の『日本陸海軍機大百科』にしたw

ダイキャストモデル付きで、創刊号はお約束の特別価格¥790-。

第一号はこれまたお約束の零式艦上戦闘機。

作る必要性が無いのはちょっと不本意だけど、

なかなか出来が良いのが気に入った!

定期購読を申し込もっとw

4週間に一度、2巻まとめて送ってくるらしー。

何号までの予定か知らないが…( ̄  ̄;)

2号は疾風、3号は雷電です。

軍機って事は、そのうち戦車とかになんだろーか?

戦車は興味ないな。。。

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpg

今日は午後からトラスト本社でのショップ限定イベント。

アウトレット品などの販売があるようなんで行ってきた。

事前に聞いてた話で、FDのカーボンペラシャフトが¥●円!!!

それは絶対ゲットしないと!カーボンペラ目当てで出発!

しかし…カーボンペラは人気があって抽選らしい。。。

もちろん、くじ運の無い俺には無縁の物だった_| ̄|○ il||li

しかも、美味しい商品は午前中にかなり無くなったらしい。。。

そりゃそーだわな_| ̄|○ il||li

気を取り直しウロウロしながらも何点かは確保。

まぁ、行った甲斐はありました♪

戦利品

新品:TD-07S/25G、テスト使用:T78-33D

テスト使用:アルコン4POTキャリパー

GTRサイズSPEC-Rインタークーラーコア

電子部品10個ぐらい、ジャンパー5枚などなど。。。

もっと早く行けば良かったなぁ~~~~

トラスト様!毎年やって下さい!次は朝から行きますからw

トラストT君!来年も企画よろしく~w

※写真はゲットした商品達♪

ファイル 21-1.jpgファイル 21-2.jpgファイル 21-3.jpg

EVOのオイルクーラー取付作業。

サーキット派のお客さんのEVOなので油温はシビア。

しかし…4G63って油温厳しい。。。

以前はセトラブの大きめのコアを使用してたけど、

周回してくと油温は簡単に上がっていってしまう。。。

水温は対策済みなんでとにかく油温を下げたい。

コアにちょっとした破損があったので、

その機会にセトラブより大きめ?なコアを同じ場所に設置。

流行?のサイドタンク式だったが結果は…前より上がる( ̄  ̄;)

前面に空気を当て、後ろ側も抜けが良いようにアルミの

整流板で囲ったのに、結果は140°まで上がってしまった。

圧損の関係で出来ればツイン化は気が乗らなかったのだが、

ココまでくるとツイン化しか手は無くなった。。。

以前より若干小さめの、セトラブコア×2を使用。

カロリーは、以前は18,700Kcal/hだったが、

今回は30,200Kcal/hにアップ。

ココまでいるか?と思ったが、とにかく油温ダウンさせて

油温上昇を気にせず走ってもらいたい。

直列or並列もオイルポンプの容量で悩んだが、

結果、直列でやってみようと。

セトラブコアは圧損も少ないからいける予定。

アルミ板で整流させ、とにかく風を当てて風を抜く。

タイヤハウス内の圧に左右されないよう、

バンパーの横から排出させる方法。

運転席側は、若干タイヤハウス方向へも抜くやり方で製作。

さて、これで下がらなかったら…( ̄_ ̄|||)

富士での走行結果…

やっと油温上昇から開放された♪

気温が高くテストには調度良かったが、

全開走行で油温は安全圏キープ♪

ゆっくりと上昇はするようだが、軽いクーリングで

一気に下がっていくようだ。

気温は高かったけど、後5°ぐらい平均で落ちると

良かったんだけどね。計算より若干高めではあった。

これからの季節だとオーバークールになるけどw

まぁ、油圧も安定してるしとりあえず一安心♪

しかし…4G63の油温管理は厳しいわぁ。。。

RB26の方が全然楽なんだけど…

4G63の油温は諦めろと聞いてたので、

意地になってやってみた甲斐があった(*´ω`)

※写真はツインオイルクーラー化作業中。
2番目は運転席側。3番目は助手席側。
助手席側は吸気ダクトがあるのでスペースが
無く、運転席側より若干小さめ。
色々やってわかったが、色んなメーカーからキットで
オイルクーラー出てるけど、ちょっとホースの取り入れ、
取り出しに疑問符が付く物が多かった。。。
そもそも三菱の純正オイルクーラーへの配管も疑問。。。
そんなわけで勉強にもなりました。

ファイル 20-1.jpg

結局仕事は休み予定日に食い込んだ。。。

まぁ予想はしてたから良いけど。

しかし、テレビを見てるとドコも渋滞ばっか。

1,000円って失敗じゃないの?

渋滞は増えるし環境問題にも逆効果では?

これで無料化とかなったら…( ̄_ ̄|||)

恐ろしくてドコも行く気になれない。

さて、今日からまた気合入れて仕事しよっと。

※写真は巨人V3胴上げ写真♪今年こそ日本一!
去年は日本シリーズ第7戦のチケットを手に入れたが、
目の前で西武の胴上げ見せられ不機嫌に帰宅(´;ω;`)